synopsis

マルコムのバンドの曲を含め、本作のサウンドトラックには、黄金期とも呼ばれる時代のラップなどがふんだんに収録されている。 “彼らは自分たちが生まれる前に流行った音楽に熱狂している。なぜならその時代の音楽こそが本物であると思っているからだ。私が学生だったころ、 ヒップホップは危険であり、エキサイティングな音楽だった。だからこそ、その音楽を過去の産物にはしたくなかった”とファムイーワは語る。

ボンジョヴィは“それらの音楽がファムイーワのイメージに一致したとしても、困難が予想されたわ。なぜなら90年代ヒップホップの権利をクリアにする必要があり、 それだけで18曲あって、他にもさらに18曲もあったからよ”と語る。幾つかの楽曲が使用不可となった際、ファレル・ウィリアムズが設立したアイ・アム・アザー社の ミミ・バルデスが他の楽曲を推薦した。ボンジョヴィは“何百曲もの楽曲を聴いて、権利に関する事だけでなく、どのシーンにマッチするのかを検討したわ”と語る。 その結果、魅力的な要素が詰まったサウンドトラックとなり、映画ファンを魅了する事となる。

bg